Vol.12『 SCF Token概要 』SCF Token開発元Codingfly 提供

2019年5月15~17日シンガポールで開催された

『SCF Token インターナショナルカンファレンス』に私たちGRDTも参加してまいりました。

SCF Token開発元CodingFly LTD社COO(最高運営責任者)Roy Zhang氏出席のもと、

同社上層部メンバーらによるSCF Tokenの事業計画について具体的な話を聞ける大変有意義な機会となりました。

又、同カンファレンスではCoinance取引所アジア圏CEOも登壇し

SCF TokenはCoinance取引所と強力なタッグを組み

世界的な事業展開を図ることが発表されました。

Coinance取引所とは?

●デジタル通貨、証券および先物市場を融合した世界初の一体型デジタル通貨取引所

●SCF Tokenは戦略的にcoinance取引所に投資し、取引所の生態を全面的にレイアウトしています。

SCF TOKENの今後の展開に益々大きな期待が高まります!

同カンファレンスで使用された資料の日本語訳が本日届きましたのでご紹介いたします。


『 SCF Token概要 』SCF Token開発元Codingfly 提供



SCF Tokenを始めよう


元アップル社ディレクターなど輝かしい経歴をもつ
優秀な技術者集団「CodingFly」によって開発された新しいプラットフォーム
SCF Token!

シンガポール金融通貨庁『MAS』により高く評価されている新興技術プロジェクトとして、大きな注目を集めています!

2019年2月、世界トップシェア取引所の一つZB.Comのシンガポール支店であるZB MegaがSCF Tokenへ戦略的投資を行うことを発表し、

3月20日、SCF Tokenウォレット事業が本格始動しました。

$0.1からスタートしたSCFは$3まで上昇(2019/5/21現在)!!

事業開始から約2ヶ月でその価値は約30倍にまで上昇しています。

又、運用益として配布されるSCFで運用できる点もSCF Tokenの魅力の一つです。

次々と戦略的に事業展開していくSCF Tokenに期待が膨らみます!

運営元、配当元や事業内容についても情報がユーザーに向けてガラス張りのように明かにされ、

プロジェクトの透明性を前面に打ち出す姿勢が伺えます。

今、SCF Tokenプロジェクトへ参加するには絶好のタイミングです!


こちらの招待コード(japanteam03)より

ご登録された方はサポートのLINEをご案内させていただきますので

ご登録のID(ログインID)と登録が完了したことをこちらのLINE@からお伝えください!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019