Vol.11『 預入れ通貨毎の収益及び 預入れ上限・下限額について 』

SCF Tokenは複数通貨の預入が可能です。

※現在ETH・BTC・EOSに加え独自通貨SCFでの運用が可能

複数通貨が対応したことにより

収益率は各通貨毎の預入れ額により変動するのか?

それとも全ての通貨の合計金額で変動するのか?

SCF運営に確認しました。


 預入れ通貨毎の収益及び 預入れ上限・下限額について


収益率表


Q1「月利10%を得るには各通貨毎に最低$501以上の預入額が必要ですか?預入額の総額が$501以上あれば良いのでしょうか?」

SCF運営からの回答

各通貨毎の預入れ額により収益は別々に計算されます。

月利10%の収益を得るには、各通貨毎に$501以上の預入れが必要です。


Q2「各通貨毎に最高$50,000預入れ可能ですか?」

SCF運営からの回答

各通貨毎に最高$50,000預入れが可能です。

各通貨ごとに最低預入額の入金が必要になります。


収益の反映について

収益の反映は通貨毎に記帳されます。


SCFとETHを預入れしている場合


通貨毎に収益が記帳されます。


まとめ


  • 通貨毎に収益率は適応される。
  • 月利10%の収益を得るには、通貨毎に$501以上の預入れが必要です。
  • 通貨毎に最高$50,000預入れが可能です。
  • 各通貨ごとに最低預入額の入金が必要になります。
  • 収益は預入れ通貨毎に記帳される。

SCF Tokenを始めよう


元アップル社ディレクターなど輝かしい経歴をもつ
優秀な技術者集団「CodingFly」によって開発された新しいプラットフォーム
SCF TOKEN!

シンガポール金融通貨庁『MAS』により高く評価されている新興技術プロジェクトとして、大きな注目を集めています!

2019年2月、世界トップシェア取引所の一つZB.Comのシンガポール支店であるZB MegaがSCF TOKENへ戦略的投資を行うことを発表し、

3月20日、SCF TOKENウォレット事業が本格始動しました。

$0.1からスタートしたSCFは$3まで上昇(2019/5/21現在)!!

事業開始から約2ヶ月でその価値は約30倍にまで上昇しています。

又、運用益として配布されるSCFで運用できる点もSCF TOKENの魅力の一つです。

次々と戦略的に事業展開していくSCF TOKENに期待が膨らみます!

運営元、配当元や事業内容についても情報がユーザーに向けてガラス張りのように明かにされ、

プロジェクトの透明性を前面に打ち出す姿勢が伺えます。

今、SCF Tokenプロジェクトへ参加するには絶好のタイミングです!


こちらの招待コード(japanteam03)より

ご登録された方はサポートのLINEをご案内させていただきますので

ご登録のID(ログインID)と登録が完了したことをこちらのLINE@からお伝えください!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019